ビジネスホテルよりもリーズナブルで、ネットカフェよりも快適、格安・清潔・好アクセスのカプセルホテルの総合サイト ビジネスホテルよりもリーズナブルで、ネットカフェよりも快適、格安・清潔・好アクセスのカプセルホテルの総合サイト 快適・格安・好アクセスのカプセルホテルの総合サイト

Open left Slidebar

EN

EN

EN

capsuleinn.com 特集記事 海外のカプセルホテル

特集記事

海外のカプセルホテル

海外で話題の日本文化
~ カプセルホテル ~

近頃、海外から注目を集めている日本文化。「カプセルホテル」も、その例外ではなく海外で話題となり、続々と展開されています。海外ではカプセルホテルの形状を「宇宙船の中のようだ」と感じる人が多く、SF世界のイメージも多く持たれているようです。カプセルホテルを利用された外国人の方の中には「家にカプセルユニット自体を買いたい」と言うほど気に入ってしまう方もいるようです。
では、海外ではどのようなカプセルホテルが出現してきているのか、いくつかの例をご紹介いたします。

イギリス「Yo! Tel」

イギリスで回転寿司を展開している会社が、2007年からロンドンヒースロー空港ターミナル内や、メドウィック空港などにカプセルホテルを運営開始しました。一泊12000円前後と日本に比べるとかなり高い料金になりますが、飛行機の遅延などが多いイギリスでは、駅ターミナル内の立地のよさも手伝って、かなりの人気を呼んでいます。
カプセルユニットにも、エコノミーやファーストクラスなどランクを設け、空港ならではの遊び心ある発想も話題となり、現在では、ニューヨークやオランダ・シンガポールなどにも進出し、カプセルホテルの文化を世界に展開しています。

ロシア「SLEEPBOX」

2013年2月、ロシアのモスクワに、初めてスリープボックスホテル(=カプセルホテル)が誕生しました。
英国調査によると、モスクワは世界で最も宿泊代金が高い都市であるため、8,000円前後で泊まることができるスリーブボックスホテルは人気が出る可能性が高いと言われています。また、ロシアにはカプセルホテルのコンセプトをまねた「水道管ホテル」というものも存在します。名前の通り、太い水道管を蟻の巣のようにつなげて、そのひとつひとつが宿泊施設となっているもので、モノ珍しさから多くの方が好んで利用しているようです。

シンガポール「THE POD」

「THE POD」は、シンガポールのアラブストリートの近くにできたカプセルホテルです。
ベッドは、シングルタイプとクィーンタイプの2種類が用意されており、女性専用エリアが設けられていたり、共用フロアにはランドリーが設置されていたりと、日本のカプセルホテルと似た部分も多くあります。いっぽうで、全体的に落ち着いたトーンの内装で統一し、デザイン性にもこだわっているため、その宿泊費も8,000円ほどと、少し割高という印象を受けます。

中国「Pengheng Space Capsules Hotel」など

中国では雲南省や重慶市・済南市・西安・海南省など次々とカプセルホテルが建設されています。
中国は、低価格宿泊地の競争が激しいため、カプセルホテルが既存のホテルに対抗できるか否かが注目されていますが、「安くて清潔・快適である」と、若者を中心に好まれているようです。
ホテルによっては、外国人旅行者の宿泊をお断りしているところもあるようですので、宿泊の際は事前に各ホテルの情報をご確認ください。

ホテル一覧